【基礎】ロングテールキーワードとは?『メリット・デメリットを知ろう!』

    ロングテールキーワードとは

    【基礎】ロングテールキーワードとは?『メリット・デメリットを知ろう!』

    ブログ初心者の方の中で

    「ロングテールキーワードってそもそもなに?」

    「ロングテールキーワードってっ聞いたことあるけど、ちゃんと理解できてない」

    「なんか難しそう、、、」

    こんな風に思っている人いませんか?
    この記事を読めば、この悩みを簡単に解決できます!

    ブログ初心者でも、ロングテールキーワードについてしっかりと学べば、必ず収益を発生することができます!

    ロングテールキーワードは、サイトを育てるために重要です!

    こっしー

    重要だからしっかり理解しておこう!

    しかし、よく分からずにロングテールキーワードを使っている人もいます。
    適当に使っていると、、、

    上位表示できたのに、アクセス0

    ということになりかねません。

    そこで!今回の記事では、ブログ初心者向けに

    この記事で学べること
    • ロングテールキーワードって何なのか?
    • どんなメリット・デメリットがあるのか?
    • 収益発生を目指すにはどうしたらいいのか?

    がしっかりと学べる内容になっています!

    \当サイトが使ってるWPテーマ『SWELL』/

    目次

    ロングテールキーワードとは?

    ロングテールキーワードとは、複数の単語(キーワード)3語~4語を組み合わせたキーワードのこと。

    例えば、、、

    ブログ 初心者 本 おすすめ

    このように複数の単語(キーワード)を組み合わせたキーワードのことをロングテールキーワードと言います。

    1単語のキーワードはビッグキーワード。
    2単語のキーワードはミドルキーワードと言う。

    ロングテールキーワードのメリット

    メリットはこの3つです。

    • 競合(ライバル)が少ないから上位表示しやすい
    • 読者のニーズに合わせた記事を作れる
    • 商品、サービスが売れやすい(CV率が高い)
    こっしー

    それぞれ詳しく解説していくよ!

    競合(ライバル)が少ないから初心者でも上位表示を狙える!

    ブログ初心者はロングテールキーワードが狙い目!

    ロングテールキーワードは、3語以上の組み合わせです。

    ブログ 初心者 本 おすすめ

    このように組み合わせの数が多いので誰かと被りにくく、競合(ライバルサイト)が比較的少ないです。

    なので、初心者でも上位表示を狙うことができます!

    「企業」や「トップブロガー」など強いライバルたちは、ビッグキーワード(1単語)で上位表示させてアクセスを集めた方が効率が良いので、これらのキーワードで記事をあまり書きません。

    企業が多いジャンルでも戦えます!

    読者満足度の高い記事が書ける!

    ロングテールキーワードは複数の単語の組み合わせのため、読者のニーズが分かりやすいです。

    どういうことなのか、分かりやすく説明すると、、、

    ビックキーワード(1単語)
    ミドルキーワード(2単語)の場合

    ブログ
    ブログ ノウハウ

    「ブログの始め方を知りたいのか?」
    「アフィリエイトブログなのか?」
    「ブログノウハウの何を学びたいのか?」

    読者が何を求めているのか分からないので、どんな記事を書けばいいか分かりません。

    ロングテールキーワードの場合

    ブログ タイトル 書き方

    このように3つ以上のキーワードのだと、、、

    ブログタイトルの書き方を知りたい

    このように読者の検索意図、ニーズがハッキリと分かります。

    読者の検索意図、ニーズがハッキリ分かるとういうことは、、、

    読者の検索意図にピッタリの満足度の高い記事が書けるということです!

    商品、サービスが売れやすい(CVR率が高い)『収益を目指せる!』

    CVR率(コンバージョン率)とは、アクセスしてきた読者のうち、コンバージョン(サイトでの成果)に至った割合を示す数値のこと。

    例:
    サイトに来てくれた人数「100人」
    コンバージョン数が「1人」
    コンバージョン率は1%

    なぜ商品、サービスが売れやすい(CVR率が高い)のか?

    • 読者の検索意図にピッタリの記事を書けるから
    • 購買意欲の高い人がアクセスしてくるから

    この2つです。

    こっしー

    詳しく解説していくよ!

    読者の検索意図にピッタリの記事を書けるから

    上記の「読者満足度の高い記事が書ける!」で解説したように、3語以上のキーワードだと読者の検索意図がハッキリ分かります。その読者に合ったピッタリの記事を書けます。

    そのため、商品やサービスが売れやすい傾向にあります。

    購買意欲の高い人がアクセスしてくるから


    ブログ 初心者 本 おすすめ

    「ブログ 初心者 本 おすすめ」で検索する人は「ブログ初心者におすすめの本が知りたい」という検索意図があるとハッキリ分かります。

    そのため、「ブログ 初心者 本 おすすめ」で検索する全ての人はおすすめの本が欲しくて検索しています。

    なので、自分のブログに来てくれた人は、あなたの記事を見て「自分にピッタリだ!」と思ってくれれば、購入してくれる可能性が高いです。

    こっしー

    このようなキーワードは、購買意欲がある人だけ集められるよ!

    ロングテールキーワードのデメリット

    • たくさんの集客は見込めない
    • キーワード選びを間違えると流入が0のことも、、、
    • 似たような内容の記事を書きがち

    改善する方法があります!

    こっしー

    それぞれ解説していくよ!

    たくさんの集客は見込めない

    検索回数が少ないため、上位表示されてもたくさんのアクセスは見込めません。
    ※1位を獲得しても1日のアクセス数が1桁ということもある。

    ロングテールキーワードの記事1本だけだと、たくさんの収入を得るのは難しいです。

    たくさん稼ぐためには、、、

    コツコツとコンテンツを積み上げていくことが必要です。

    ロングテールキーワードを使って記事を書くということは、小さいアクセスを確実に積み上げていくということです。

    コツコツとアクセスやサイトの評価を高めていきましょう。

    自分のサイトが強くなれば、ビックキーワードやミドルキーワードも取り入れていく必要があります。

    こっしー

    小さいアクセスを積み上げて自分のブログを強くしていこう!

    キーワード選びを間違えると流入がほぼ0のことも、、、

    読者に需要がないキーワードで上位表示しても無意味になる

    キーワードによっては、そもそも検索する読者がいなくて、検索流入(アクセス)がゼロのこともあります。

    解決方法!

    • ロングテールキーワードだからといって、何でも書かない!
    • 検索ボリューム(月間検索回数)が10~1000のキーワードを選ぶ!

    ラッコキーワードGoogleキーワードプランナーでアクセスが見込めるキーワードを探しましょう。

    こっしー

    検索流入0は避けよう!
    アクセスが少なくても誰かの悩みを解決できる記事を目指そう!

    キーワードの探し方はコチラの記事を参考にして下さい

    >> 検索ボリュームを調べる方法

    似たような内容の記事をたくさん書いてしまう

    似たようなロングテールキーワードばかり狙ってしまい、似たような内容の記事を書いてしまう人もいます。

    例えば、、、

    ブログ 開設 方法

    ブログ 開設 手順

    このように似たようなキーワードで記事を書いてしまうと、SEOの評価が下がってしまうことがあります。

    また、読者に「同じ内容ばっかりだなあ」と思われてしまい、読者からの評価も下がってしまいます。

    こっしー

    タイトルは違うけど内容は同じ記事はやめよう!

    まとめ:【基礎編】ロングテールキーワードとは?

    今回は、ロングテールキーワードの基礎ということで

    を解説しました!

    ブログ初心者にとってロングテールキーワードは大きな鍵となります!

    ロングテールキーワードをしっかりと理解し、コツコツとアクセスを集め、自分のブログを育てていきましょう!

    こっしー

    最後まで読んでくれてありがとう!

    ロングテールキーワードとは

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる